Simple

独身の30代男性の都心での生活と資産形成と節約

サウナの日(3月7日)に37歳が潜入してきた

どうも、独身ミニマリストのひかるです。
3月7日はサウナの日で、37歳の人は無料で入館できる銭湯がいくつかありましたので、潜入してきました。

私が向かったのは、新橋のアスティルさん。

f:id:hik:20200311143417j:plainf:id:hik:20200311143416j:plain
新橋で仕事していた時があったんですが、一度も入ったことが無いお店でした。当日は開店時間の12時ちょうどに入店しました。
すでに、受付には20人ほど並んでいました。男性専用のお店なので、ムサい空気が漂っていました(^O^)

受付の時に、免許証で37歳を確認してもらって、無事無料入館が認められました。節約生活をしている身にはとてもありがたいサービスでした。

また、サウナの日ということで特別なタオルを頂きました。
こちらは37歳でなくても貰えるもので、300名先着でもらえたようです。
f:id:hik:20200311143640j:plain

浴室内にはドライサウナとミストサウナの2種類がありました。サウナの日なので、サウナ室内は人で一杯でした。

サウナではくたびれたリラックマのようなおじさんたちが無言で汗を拭いながら耐えてる様子が癒やされますね。女性には分かりづらいかもしれませんが、サウナの中は可愛くないリラックマの巣窟みたいなイメージです。

体が整うまで、サウナで温まる→水風呂で冷やす→休憩して室温浴を繰り返して、3回目には整いました。
水風呂の温度が低くて入るたびに「んほぉ…」ってなっていました。多分今までで入った水風呂のなかで一番冷たい所だと思います。

その後は、休憩コーナーで昼寝したりサウナ本を読んで学びを得ていました。
フィンランドのサウナを体験してみたくなったり。
15時頃までゆっくりしてお店を出ました。アメニティも揃っていて清潔だったので良かったです。
体が軽くなって生き返りました。

みなさんもまだ37歳になっていない人は、人生で一度使えるサウナ無料デーを覚えておいてください。