Simple

独身の30代男性の都心での生活と資産形成と節約

食費は月30,000円以内にする。それがちょうどいい額。

どうも、独身シンプルライフミニマリストのひかるです。
今回は独身の食費について考えてみます。
f:id:hik:20200205140713j:plain

食費の目安

 インターネット上の食費削減の記事では『食費を月10,000円以下まで削りました!』のような、かなり食費を削っていることを謳っていることがあります。
 注目を浴びるためにはいいのですが、私は食費を限界まで削る必要はないと思ってます。

総務省が行なった2017年度の家計調査によれば、一人暮らしの食費の平均は1ヶ月あたり約 4万円、正確には39,649円(内、外食費10,897円)です。

 まずは食費に無頓着な生活をしている人は、一人暮らしで月額30,000円以下を目指してみるとバランスが良いのかなと思います。
 月額30,000円はおおよそ一日に1,000円となるので、計画が立てやすいと思います。
 

私の食費戦略

 残念ですが、劇的に食費が減る魔法はありません。小さいことの積み重ねで節制していくことが最初の一歩ですね。
 平日の朝昼晩の食事戦略を記録してみます。

 朝ごはんには以下のようなものを食べてます。1食100円以内になるよう頑張る。

  • 卵かけごはん
  • 納豆ごはん
  • トースト+バター
  • ピザトースト
  • 昨日の夕飯の余り物

 昔は、会社のコンビニのおにぎりやサンドイッチに缶コーヒーをつけて朝ごはんにしていましたが、400円程度かかってしまっていました。
 自炊する気力がない時やどうしても外食したい時は以下のようなものを食べてます。

  • JRの立ち食いそば屋そばいち 冷やしたぬきそば(ウマい!)
  • コンビニのおにぎり、サンドイッチ(妥協の結果)

 週に1回あるかないか程度の外食頻度まで下げることができました(^O^)

 お昼には会社で手作りの弁当を食べる事がほとんどです。

  • 作ったお弁当
  • オリジン弁当(Withクーポン)
  • たまにコンビニ弁当か外食(ラーメンが食べたい時もある)

 ふるさと納税のお米を食べているので、炭水化物分はほとんど費用がかかっていません。お肉や魚と味噌汁を併せて弁当にしていますが、1食300円以内には収まります。
 作れなかった日は、会社の近所のオリジン弁当で安いお弁当を割引クーポンを使って買っています。LINEクーポンとか店舗で貰えるやつです。
 実際に、お弁当を作る習慣が出来る前は、毎日外食をしていました。
 あまり節約に頓着せずに過ごしていたので、1食800円~1000円で、週5,000円弱はお昼だけでかかっていたことになりますね。

 夜は会社から帰ってきて自炊をしています。ちょっとずつレパートリーを増やしています。
 一度に3食分作って、翌日の朝ごはんや弁当に使えるようにしています。

  • 炊いたご飯
  • パスタを作る
  • 煮物
  • パスタソース
  • カレー
  • 麻婆豆腐

 夜に時間があまっていたら、常備菜を作ったりして楽しみながら料理の勉強をしています。
 オーブンレンジ(ヘルシオ)を買ったおかげで、お風呂に入りながら鮭が美味しく焼けるので、とても時短になります。キッチンにいなくても翌日の弁当が作れるというのは、結構な生活の質向上になりました。

クーポン券、優待券を使う

 食費を節約するのに欠かせないのが、クーポンや優待券です。
 優待券を貰える企業の株を買っておくのは長い目で見た時にとても家計に貢献してくれます。
 1食単価が低い外食企業の優待券があるとかなりの節約貢献度となります。

  • 1食単価が低い優待券を使う

f:id:hik:20200205142013j:plain

一日の振り返り

 今まで書いてきた感じの生活をしていたら、安定して1日1,000円以下に収まるようになりました。
 休日は少しだけ贅沢をしても、月で30,000円以下には収まるようになっています。
 食費をあまり削りすぎてしまうと、同じ食材しか食べられなくなったり、好きでないモノを食べなきゃいけないとかで節約が続かないのは本末転倒だと思っています。
 

野菜を食べるために

 節約生活をしていると、炭水化物よりの生活が多くなってしまいます。
 貧乏だけど野菜をとるためにこのブログを参考にしています。
 キムチ鍋ばかりになった時期がありますが、結構塩分が多いので調整が必要ですね(笑)
goldhead.hatenablog.com
goldhead.hatenablog.com

 貧乏だけど野菜が食べたい人向けの情報がもっと共有されれば嬉しいなぁ(人´∀`)

そんな感じ!