Simple

独身の30代男性の都心での生活と資産形成と節約

サラリーマンでも節税できる! ミニマリストのふるさと納税

 どうも、独身シンプルライフミニマリストのひかるです。

 ミニマリストふるさと納税をするときに検討したほうがいいことはなんでしょうか?この記事では、私がふるさと納税をするときのノウハウをご紹介いたします。
f:id:hik:20200129155448j:plain

そもそもおまえの年収は?

 ぶっちゃけると年収650万円程度です。手取り月30万円強、ボーナス手取り50万円強です。あとは株による売却益と運用益が併せて年間50~100万円ほど入っています。ここ数年は株は上がる傾向があったので、今の所、1年間毎に計算した場合では損になったことはないです。

納税の控除限度額はどのくらいになるの?

 ふるさと納税の控除限度額シミュレーションでは、私の家族構成が独身であるため、96,000円と多くなっています。ふるさと納税の還元額の基準が寄付金の3割なので、実質28,800円の還元となります。ただし、ふるさと納税の処理みたいなもので2,000円かかるので、実質25,000円程度、返礼品がもらえるということになります。
f:id:hik:20200129155628p:plain

何をもらってるの?

 私の場合は、1年間の米の調達用+αとして使っています。今までの自炊実績から1年間で30kg米があれば、米を買わずに済むことが分かっているのでまずはその分をふるさと納税で使います。残った枠で、ブロックの豚肉を買って冷凍保存しておくのが一人暮らしには良いですね。
 毎月野菜が届く品を選んだことがあったんですが、使い切れなかったり、扱いにくい野菜があったりして困ってしまいました。
 一人暮らしなのでクール宅急便が不在で受け取れず、野菜が冷凍で届いた時があって、戻したときにグズグズになってしまった時もありましたので、あまりオススメしません。
f:id:hik:20200129160506j:plainf:id:hik:20200129160502j:plain

  • オススメは米とブロック肉。冷凍庫で保存が効く食材が便利です。
  • 野菜はオススメしない。
  • そもそも返礼品の特殊性が高かったりして還元率が低いものは損なのでオススメしない。

 ふるさと納税のワンストップサービスの処理が5品までなので、ある程度戦略的に発注することをオススメします。

ふるさと納税後の処理は?
  • 返礼品が送られて来るタイミングに提出用の書類も同封されて届きます。
  • 書類に個人情報とマイナンバーを記入して、本人確認用の資料を同封して郵便箱に投函すれば完了です。
  • 自治体によっては、切手のいらない封筒で送付してくれたりもしますが、そうでない自治体もあったりするので切手を用意しておくと良いでしょう。
  • 難しくないので、ふるさと納税のWEBページを見てご確認ください。
寄付したお金はいつ返ってくるの?
  • サラリーマンなので、翌年の6月以降の源泉徴収の住民税から12分の1ずつ毎月引かれています。
  • ざっくり毎月5000円分負担が減っています。

そんな感じ!